香川から大阪までの移動手段でおすすめは?3つの方法

香川県の観光

こんにちは、以前は香川県から大阪・神戸へよく遊びに行っていたサトシです。

香川県は四国の北東部にあり、関西にも近いことから、割と気軽に行けたりします。

慣れていない人にとっては、

「どうやって行くの?」

「それぞれの交通手段のメリットやデメリットは?」

などの気になることも多いですよね。

そこで今回は香川県から大阪・神戸へ何度も行ったことのある僕がおすすめの移動手段を3つ紹介。

香川から大阪の交通手段①:高速バス

香川県から大阪・神戸に行く時に多くの人が使っているメジャーな手段が「高速バス」です。

僕も大阪へ行く時は7~8割くらいの頻度で高速バスを使っていました。

値段と移動時間のバランスが良いのがおすすめポイント^^

などの会社が運営。

香川県内の各所に乗り場があり、自宅の近くからバスに乗ってそのまま大阪・神戸まで直通で行けます。

料金

早割やネット割、往復割・学割などを駆使すると安くなるので積極的に使うべきです。

例えばフットバスで香川-大阪を前割21+ネット割を使うと片道「3330円」で乗ることができます。

通常の往復割だけ使うなら片道「3700円」。(2021年1月情報)

詳しい事は公式サイトを見てみましょう。

所要時間

香川県(高松駅)から大阪(大阪駅)まで行くとすると、約3時間20分くらいかかります。

香川県(中央インター)から乗る人も結構多いイメージですけど、中央インターからなら約3時間です。

高速バスのメリット

  • 値段が安い
  • 約3時間とそこそこ早く行ける
  • 指定席なので必ず座れる
  • 県内各地に乗り場がある
  • 便が多いので細かい時間調整ができる

片道約3000~4000円で大阪・神戸までいけるのは、正直かなり便利です。

座れるし、途中でトイレ休憩もあります。

バス内にも一応トイレは付いてますが、狭いし揺れるのでなるべく休憩で行っておきたいところ。

バスによってはコンセントやWifiも付いているので、良いですね^^

高速バスのデメリット

  • ずっと座っているので体が疲れる
  • 繁忙期は満席が多い(最近はガラガラらしいですが・・・)
高速バスは早めの予約が吉!(繁忙期は特に混むので注意)「楽天トラベル」ならポイントもモリモリ貯まってお得です→全国の高速バス予約はこちら

香川から大阪の交通手段②:ジャンボフェリー(ニャンコフェリー)

個人的に「旅」って感じがして、好きなのがジャンボフェリーでの移動です。

高松の北部、朝日町にあるジャンボフェリー乗り場から神戸港までフェリーで行くことができます。

神戸からは電車で大阪へ向かうのが一番おすすめ。(神戸のフェリー乗り場から駅までは有料の送迎バスがあります。歩いても行ける距離なのでお好みで。)

ちなみに高松駅からジャンボフェリー乗り場までは無料の送迎バスがあります。

高速バスに比べて時間がかかりますが、それでもジャンボフェリーを選ぶメリットはたくさんあるので、ぜひ検討してみてください。

料金

たまに改定されるので、乗る前に公式サイトから最新の情報を閲覧してください。

深夜便なら+500円、土休日便なら+500円になるので注意が必要です。

(昔はこんなややこしくなくてもっと安かったんですが・・・)

片道往復
通常1990円3390円
深夜or土休日2490円3890円
深夜and土休日2990円4390円

※25歳以下なら片道190円安くなります。

とにかくややこしいので公式サイトを確認して現地で係の人に聞いてみてください。

所要時間

約4時間~4時間30分くらいかかります。

1日4便が運行中。

深夜に出発したら神戸に着くのが朝の5時なので丸1日フルで使うことができます。

フェリー内での過ごし方

船内はとても広くて、リクライニングチェアもあれば、座敷もあって、好きな場所で過ごせます。

ゲーム機が置いてあったり、個室やシャワールームもあります。

売店もあり、船内でうどんを食べることもできました。

深夜便に乗ると照明も暗くなって、ほとんどの人は仮眠を取るので船の中はとても静かになります。

外に出ると風が気持ち良くて、景色も綺麗なのでぜひ一度は出てみてください。

おすすめは神戸に着く直前のタイミングと、明石海峡大橋を通るタイミングです。

ジャンボフェリーのメリット

  • 圧倒的に安い
  • 朝一から動ける
  • 寝転がったり、歩いたり、外の空気が吸えたりして窮屈を感じない

通常の往復だと片道あたり1695円になるので、高速バスに比べても圧倒的に安いです。

1日4便しかないので時間の調整は難しいですが、深夜便を使えば翌日朝5時から神戸で活動開始できます。

バスで3時間座りっぱなしがきつい場合は、フェリーに乗ると自由に動けるので楽かもしれませんね。

↓雑魚寝する場合はアイマスクがあると便利(室内は完全には暗くならずうす明かりと行った具合です)

ジャンボフェリーのデメリット

  • 高速バスより時間がかかる
  • 濃霧などで時間通り付かないことも
  • 1日4便しかない

4時間~4時間30分ほどかかるので、高速バスよりは時間がかかってしまいます。

あとたまに濃霧などの影響で時間が遅れることもあるので、余裕を持ってスケジュールを立てておくことをおすすめします。

あとはジャンボフェリー乗り場は一箇所しかないので、高松以外にお住まいの場合、そこまで行くのが面倒かもしれません。

高松から大阪を直接結ぶフェリーはある?

高松と大阪を直で結ぶフェリーは残念ながらありません。

フェリーを使うならまずは神戸まで行き、そこから電車で大阪へ向かうのがベターです。

ちなみに神戸(三ノ宮)から大阪(梅田)までは電車で約30分で運賃は410円になります。(JR使用)

ジャンボフェリーにwifiやコンセントはある?

両方あります。

コンセントは館内のいたる所に設置されているので取り合いになることも無いと思います。

wifiも自由に無料で使える「KAGAWA-Wifi」があるので安心。

そんなに早く無かった気がするけど笑

まとめると、

高松駅~(無料送迎バス)~高松市朝日町フェリー乗り場~ジャンボフェリー(約4時間)~神戸フェリー乗り場~徒歩or有料送迎バス~三ノ宮駅~JRで約30分~大阪梅田

こんな流れとなります。

香川から大阪の交通手段③:車

3つ目の方法は自家用車を使って普通に高速道路を走って明石海峡大橋を渡って神戸まで行く方法です。

運転が好きな人はこの方法でも良いかもしれませんね。

車で神戸・大阪へ行くメリット

  • 自分のペースで行ける
  • レンタカーを借りずに神戸・大阪を移動できる

車で神戸・大阪へ行くデメリット

  • 運転が大変
  • ガソリン代がかかる

香川から大阪への飛行機は?

飛行機はないです。

香川から大阪への新幹線は?

香川→岡山→大阪ルートで岡山から新幹線に乗ることはできますが、単純に高いので僕は使ったことないです。

香川県内での移動はレンタカーがマスト

香川県内での移動では、

  • レンタサイクル
  • 電車(ことでん)
  • タクシー
  • バス
  • レンタカー

などが選択肢としてあります。

高松駅周辺などをこじんまりと周るならレンタサイクルでも十分ですが、広範囲を移動していのならレンタカーがベスト。

香川県の公共交通機関は30分に1本とかそんなレベルなのであまり利便性が高いとは言えません。

タクシーは結構費用がかかるので必然的にレンタカーとなるでしょう。

レンタカーの予約をするなら楽天トラベルがおすすめ!楽天ユーザーならポイントが貯まるのでお得になります。

まとめ:香川からの交通手段は一長一短

いかがでしょうか?

香川から大阪・神戸までの交通手段まとめでした。

それぞれメリットとデメリットがあるので、色々と試して自分の好きな移動手段を見つけましょう。

さっきも書いたけど僕は高速バス:ジャンボフェリー=7:3くらいの割合で使っていました。

番外編として、新幹線も使う方法もあります。(マリンライナーで岡山まで→岡山から新幹線で神戸・大阪へ)

新幹線を使う方法は値段が一番高いし、あまり使うこともないかなと思って除外しました。

世間的にあまり県外に移動って感じでもないですが、また気軽に遊びに行ける日が来ることを願っています。

では!

▼おまけ▼

長い長い移動時間、最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT> に加入していたら暇つぶしになります。31日間は無料で映画やアニメを楽しめるのでこの機会にどうぞ。

今年のバレンタインの準備はもう終わりましたか?

楽天市場のバレンタイン特集2023では、お得なクーポン&ポイント獲得キャンペーンをやっています!

気になる方は下記より公式サイトをぜひチェックしてみてください。

 

 

香川県の観光
スポンサーリンク
記事が気に入ったらシェアお願いします!
フォローする!
カガジン|香川県あれこれブログ

コメント