【タクシー+バス!?】高松市が「バタクス」の実証実験をしてる

【バスとタクシーの中間点を探して・・・】

ICTを活用し、スマートシティの実現に向けた取組みを進めている高松市が新たな実証実験を開始しました。

バス+タクシーのような新しい交通手段・「バタクス」として実験的な取組みが1月から始まっています。

バタクスって何??って人はぜひ以下の概要をご覧あれ!

当サイトはブログ村のランキングに参加しています。モチベーションアップのために、どれか一つでも応援(ポチッ!!)よろしくお願いします!!皆さんの応援が励みになります!

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
にほんブログ村

 

 

高松市で新たに始まった「バタクス」って何?

バタクスというのは「バスのような使い方をするタクシー」のことで、高松市の仏生山~川島町を結ぶ区間を大型のタクシーで運行する公共交通機関です。(運営はことでんタクシー。)

この区間は元々バスの利用者が少なくてコスト的にもバスの存続が危ぶまれてきました。

それでも数少ない利用者にとっては大事な路線なので無下に廃止するのも困りものです。

毎回タクシーを使ってねと言うのも酷ですからね。

なのでバスとタクシーの中間をとって持続的な新しい交通手段を模索している中で生まれたのがバタクスになります。

バタクスの路線

公式サイトより引用

高松市HPにも詳しいことが載っているので参照してください。(時刻表など)

上記の画像のように仏生山のみんなの病院からスタートして、東へコトコト進んで最終終着点は川島本町の山田支所となります。

いつからやってるの?

2022年1月17日よりやっています。

1日9便で運行しています。

利用の際は最新のダイヤを確認してくださいね!

運賃は一律!

  • おとな→200円
  • こども・障がい者→100円

運賃は一律で支払いは現金orIrucaカードを使います。

予約制・デマンド型のタクシー運行もやっているみたい

事前予約をして利用者の都合に合わせて運行するデマンド型のタクシーも合わせて実証実験として進められています。

  • 運賃は600円
  • 予約は前日まで
  • 土日祝はお休み

このような条件で指定した場所で乗り降りできるサービスです。

例えば自宅まで迎えに来てもらって買い物や病院に行ったりという使い方も出来そうですね。

せっかくの新しい取り組みなので、機会があればぜひ利用してみてはいかがでしょうか?少子高齢化、過疎化が進む地方では公共交通機関が頼みの綱という人も多いハズ。そういった方の助けになるような取り組みになることを願います。

今年のバレンタインの準備はもう終わりましたか?

楽天市場のバレンタイン特集2023では、お得なクーポン&ポイント獲得キャンペーンをやっています!

気になる方は下記より公式サイトをぜひチェックしてみてください。

 

 

香川県の暮らし
スポンサーリンク
記事が気に入ったらシェアお願いします!
フォローする!
カガジン|香川県あれこれブログ

コメント